洋服とアンティークの店

 

 

 

TOP   商品一覧   配送・支払方法

Paris直輸入

 

 



 2018年8月 ウインドウ・ディスプレイ&店内風景 




物選びを通して
”質を感じる力”を高める




”質感命“

この言葉をお客様から聞いた時、

”質感”+”命”

”質感”を何よりも重視されてる事が
言葉を通して強く感じ取れました。


私も、モノを選ぶ際
”質感”を何より大事にしているので、

”質感命”の言葉は、
たいそう、嬉しさを感じたのでした。




”質”を感じ取る力があれば、

生活して行く上で
高確率で”素敵な人や良い物”を
惹き付ける事が出来ます。


物の”本質”がわかると
色々な場面で
判断に迷いが無くなります。


それは、
大ざっぱで見過ごしてきた物事を
細かなニュアンスで
捉えられる様になるからです。

多くを知る事で
ジャッジは当然し易くなります。




もし、仕事や生活で
思う様に行ってないのであれば、

”質”を感じ取る力を
磨く事をお勧めします。


意識して”考える事”が
生きて行く上で最も基本となるからです。



大抵は、
色々と思う事はしても
深く考える事はしません。


いまから、
”質を感じ取る力”を高める方法について
お教えします。

凄くシンプルです!


この力を高めて
物選びだけでなく、どんな物事の”本質”も
捉えられる様になって欲しいと思います。





”質を感じ取る力”を高める方法は、、、


”とびっきり上質な物に多く触れる”事です。



シャツで有れば○○、靴であれば◯◯、
鞄で有れば◯◯みたいな

超一流品の質に触れて
上の世界があるのを知る事です。


自分の身の回りの品や
今まで触れて来た物との
違いを肌で感じ取って下さい。


その時の注意点は、
決して初めから見ている物に
触れてはいけません。

とにかく良く見る!感じる!事です。

その物の縫製や素材感、デザイン、
作り手の思いや背景、
自身が所有した時の気持ち、
身に付けて何処に行くか、などなど

細かに深くイメージして下さい。

(欲しいか欲しくないか、
買えるか買えないかは
問題では有りません。)


頭の中の思考が
もう出ないところまで来たら

ようやく物に触れて、
自分が思った通りだったかを
確認作業して下さい。


考えるば考えるほど、
触れれば触れるほど

自身の中に
”感覚の引き出し”が多く作られます。

そこには
低い質から高い質までストックされ、
質の”グレード”が構築されていきます。



この質のグレードが
細かに刻まれた状態になると



日本で売っている
ファッション誌やインテリア雑誌

違和感いっぱいに思えてくると思います。


普段何気なく見ていたまとめサイトなど
今までスルーして見えなかったものが
見える様になります。



そうして、究極は
”物がちゃんと見れる様になって、
人も見れる様になる”と言う事です。



物選びはあなたの人生その物です。

物選びから学べる事柄は実に多いです。

 

 







(過去)  ウインドウ・ディスプレイ&店内風景

2008年 

 

 

 

 

 

 

7月

 

 

10月

11月

12月

2009年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2010年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2011年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2012年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2013年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2014年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2015年

1月

2月

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2016年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

2017年

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


2018年からは”こちら”をご覧下さい。