TOP   商品一覧   配送・支払方法     




Paris直輸入 " ファッション&アンティーク "の店  
 

 2018年3月 ウインドウ・ディスプレイ&店内風景 



 16年間、
絶えず”重苦しい”存在だった
グレーの棚を撤去しました!

 
大きな大理石がのった
アンティーク家具の移動、

棚を壊す手間、壊したものの置き場所、
 替わりになる什器の設置、などなど

考えるただけで、
なかなか行動を起こせなかったですが、

 
思い切って実行しました!

 

”しんどかった部分”を取り去ったら、
めちゃくちゃ”気分快適”です。

 

店内、益々、
”スカッ”としたでしょう!

 
---------------------------------


先日、
ウインドウを
”じーっ”と見ていた外国の男性が、

ウインドウ越しに
人差し指で”ビックリマーク!”みたいな
合図を私にします。 

何となく”うん”と頷くと、 

 

綺麗な顔をした
ファッショナブルなオレンジの
ダウンジャケットを着た男性が、

 店に入ってきました。

 

 玄関先で、立ち止り、
大きく息を吸ってから、

 店全体を見渡します。

 

 そして、
被っていたニット帽をとり、

右手を胸に当て、
深々とお辞儀するではありませんか。

 

 あまりに大げさすぎる挨拶に
???となりましたが、

 半端のない敬意が
込められていた様に思います。

 
 

 店内をゆっくりと歩いては立ち止り、
その場から見える店全体の風景を
見渡します。

頭を上下、左右に動かして

目に移り込んだ風景を
楽しんでいるようでした。
 

 10カ所以上、立ち止っては、
同じ見方をしたと思います。


 まるで、
パノラマ写真を作製するかの様に、、、 

 

 そして、ムッシュはおもむろに,

 

この店は

”良く構成されている”
”パリでもこんな店は無い”
 ”貴方が作っているのですか?”
”とてもシンプルで美しい”

と言って

 

 また、再度、
入って来た時と同じように
右手を胸に当てて、

深々と頭を下げて帰って行きました。

 

 

 ”シンプルである事”

店も自分自身も
絶えず心掛けている事です。

 

 ”シンプル”と言うと、
単純であるかの様なイメージですが、



多くの行動(失敗)をして学ぶ事で、
”無駄”をなくしていく、

それが、”シンプル”なのかなと思います。

 

ピカソが、
ササッと書いた絵が、数億円?

 
それだけの価値があるのは、
理由を言うまでもないですね!